Just another WordPress site

Q&A新築・リフォーム Q&A

トップ > Q&A > 注文住宅 > スッキリした玄関はこれで実現!注文住宅に多いウォークインシューズクロークの3つのメリット

スッキリした玄関はこれで実現!注文住宅に多いウォークインシューズクロークの3つのメリット

ウォークインシューズクロークの3つのメリットをご紹介します。

ウォークインシューズクロークのメリット

日本に昔からある「土間」が現代風にブラッシュアップされた形とも言われるウォークインシューズクロークは、注文住宅はもちろんリフォームなどでも取り入れる人が多い人気の間取りです。

昔ながらの土間から、下駄箱やシューズクローゼット付きの機能的な玄関に変化してきたのに、なぜ今、現代版土間というべきウォークインシューズクロークの人気が高まっているのでしょうか。

 

メリット1:バツグンの収納力

ウォークインシューズクロークの魅力といえば、何といってもバツグンの収納力です。

従来の下駄箱やシューズクローゼットでは、4人家族などの場合は収納力が足りず、普段よく履く靴は玄関に出しっぱなしになっていることが多いほか、ブーツなどが収納できずそのままになっているということも珍しくありませんでした。

しかし、収納力の高いウォークインシューズクロークは、家族全員分の靴を十分収納でき、大きなブーツもそのまま収納することが可能です。

 

メリット2:ベビーカーやゴルフバッグなども収納できる

外出の際に使用するベビーカーや、ゴルフバッグなどアウトドアで楽しむ趣味の用品は、持ち出しのしやすさから玄関周り置くことが理想ですが、下駄箱やシューズクローゼットでは収納できないことが多く、玄関スペースに出しっぱなしになっていることがほとんどです。

玄関が雑多になっていると家全体が散らかっているような印象を与えてしまうほか、買い物袋を引っ掛けてしまう、小さな子どもがぶつかって倒してしまうといった可能性があります。

ウォークインシューズクロークは靴だけではなく、ベビーカーやゴルフバッグなども収納できるため、玄関をスッキリ片づけることができます。

 

メリット3:濡れた物や土がついたものも収納できる

雪かきの道具や濡れた長靴、ガーデニング用の土やバケツ、スコップなどは、玄関スペースに置くと雑多になってしまい、屋外に置くと盗難や劣化の心配があるため、置き場所に悩むことが多いのですが、土足で入ることができるウォークインシューズクロークは、屋外のような空間でありながら屋内にある空間ですので、盗難の心配もなく安心して水や土がついた道具を収納できます。

 

まとめ

大きな荷物もそのまま収納できるウォークインシューズクロークにはさまざまなメリットがありますが、広さやレイアウト次第ではメリットを生かしきれないこともあるため、ウォークインシューズクロークを作るときはライフスタイルや動線をしっかりイメージする必要があります。

スッキリした玄関を実現できる注文住宅をご希望の方は、弊社にご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら