Just another WordPress site

Q&A新築・リフォーム Q&A

トップ > Q&A > 設備 > 家族とコミュニケーションがとりやすい。対面式キッチンの種類

家族とコミュニケーションがとりやすい。対面式キッチンの種類

家族とコミュニケーションがとりやすい対面式キッチンの種類をご紹介します。

人気が高い対面式キッチン

一昔前、キッチンと言うとリビングやダイニングと完全にはなれた独立型キッチンが主流でした。

独立型キッチンはスペースが広いというメリットはあるものの、調理をしている間は家族とコミュニケーションを取ることが難しいというデメリットがあります。

核家族化が進むと「調理中、子どもを見守ることができない」といった問題が浮き彫りになると独立型キッチンが減少し、コミュニケーションをとりやすい対面式キッチンに人気が集まってきました。

現在、注文住宅でも対面式キッチンを希望する方が多く、間取りや用途などに応じて様々なタイプから選ぶことができます。

 

アイランドキッチン

近年人気が高まっているのが、キッチン設備が島のように配置されるアイランドキッチンです。

左右に壁がない完全なオープンキッチンで、開放感があり見た目のインパクトもあります。

キッチンにアクセスしやすいため、作った料理を運んだり、食事のあとに食器を片付けたりしやすく、オープンなのでコミュニケーションを取りやすいというメリットがあります。

また、アイランドキッチンのなかにはテーブルもセットになっているタイプもあり、デザインやバリエーションが豊富なのも特徴です。

ただし、アイランドキッチンを設置する場合、キッチンの左右に広いスペースを作る必要があります。

例えば、左右の空間が「人が1人通れる程度」しかないと、アイランドキッチンのメリットである「アクセスのしやすさ」が減少し、存在感が大きいアイランドキッチンのせいで圧迫感が出てしまいます。

周囲のインテリアとどのようになじませるかなども難しいポイントです。

また、開放感が魅力のアイランドキッチンですが、開放的過ぎて油や匂いが外に広がってしまうというのもデメリットです。

さらに、キッチンスペースが散らかっているとリビングから丸見えになってしまうこと、調理中に小さな子どもが出入りしやすく、危険なことなどもデメリットです。

家族とコミュニケーションを取りたいけれど、ある程度のプライバシー性は確保したいという場合、アイランドキッチンは避けたほうがよいでしょう。

 

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは、キッチンの左右どちらかが壁に接していることから、周囲を海(何もない空間)に囲まれた「島(アイランド)」に対し、「半島(ペニンシュラ)」と呼ばれる形式のキッチンです。

アイランドキッチンは広い空間がないと設置が難しく、存在感が大きいため圧迫感があるというのがデメリットですが、ペニンシュラキッチンは一方が壁に接した形になるため、アイランドキッチンよりも狭いスペースに設置することができます。

キッチン自体の大きさも、一般的なアイランドキッチンより小ぶりなので圧迫感がなく、自由度が高いことがメリットです。

ただし、左右どちらからもアクセスできるアイランドキッチンに比べると利便性はやや低いというのがデメリットです。

オープンキッチンにしたいけれど、間取りや広さの関係でアイランドキッチンは難しい...という場合は、ペニンシュラキッチンがオススメです。

 

カウンターキッチン

カウンターキッチンは対面式キッチンのなかでは比較的古く、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンに「腰壁」が取り付けられたセミオープンタイプのキッチンです。

中古の建売住宅などでもよく見かける形式なので、新しさはあまり感じられないかもしれませんが、家族とのコミュニケーションを確保しながらも、リビング・ダイニングからキッチンスペースが丸見えにならないというメリットがあります。

腰壁の高さは自由に設定できるため、プライバシー性を高くするために腰壁を高くしたり、腰壁を低くしてオープンキッチンに近い形式にすることも可能です。

腰壁があることで、水ハネ・油ハネがリビングやダイニングを汚すリスクを下げることができるほか、腰壁に調味料棚やコンセントを設置するなど、機能性の高いキッチンを設計することができます。

デメリットはアイランドキッチンやペニンシュラキッチンと比べるとおしゃれなイメージがないということです。

ただし、カウンターのデコレーションを工夫するこで素敵なキッチンにすることができます。

なお、カウンターキッチンには調理台・シンク・コンロが一直線に並んだ「I型」と、L字に並んだ「L型」があります。

「L型」は調理台を広く取ることができるほか、作業動線がよいので利便性が高く、料理好きの方に人気が高いタイプです。

 

セパレートキッチン

セパレートキッチンは、調理台とシンクをシリング側に設置し、ガスコンロを背面の壁側に設置するなど、キッチン設備を前後に分けた形式のキッチンです。

一般的な住宅ではあまり見られない形式ですが、調理台・シンク・コンロが一直線に並んだアイランドキッチンやペニンシュラキッチンよりもコンパクトに作ることができるため、「アイランドキッチンは設置できないけれど、アイランドキッチンのような利便性が欲しい」というときなどに利用することができます。

また、「調理台スペースをとにかく広くしたい!」というときなどにもオススメです。

ただし、設備を前後に振り分けることで作業動線が長くなる、作業するときに後ろに人がいないかを確認する必要があるといったデメリットがあります。

また、一般的なタイプのキッチンではないため、慣れるまで時間がかかるのもデメリットと言えるでしょう。

 

まとめ

一口に対面式キッチンといってもその種類は様々であり、それぞれメリット・デメリットがあります。

「おしゃれ」「便利そう」といった漠然としたイメージで決めるのではなく、キッチンとリビングの動線や広さのバランス、キッチンをどのように使いたいか、手入れや掃除の方法などを総合的に考え、ライフスタイルに合ったキッチンを選ぶことが重要です。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら