Just another WordPress site

Q&A新築・リフォーム Q&A

トップ > Q&A > 設備 > おしゃれで人気のアイランドキッチン。そのメリットとデメリット

おしゃれで人気のアイランドキッチン。そのメリットとデメリット

アイランドキッチンのメリットとデメリットをご紹介します。

おしゃれで人気のアイランドキッチン

アイランドキッチンとは、調理台、シンク、コンロなどのキッチン設備が壁に接することなく設置されたタイプのキッチンで、周囲に空間があることから「アイランド(島)キッチン」と呼ばれています。

対面式キッチンのなかでも近年人気が高まっているタイプで、注文住宅のキッチンはアイランドキッチンにしたいと考えている奥様も多いのではないでしょうか。

しかし、おしゃれで人気のアイランドキッチンにもいくつかデメリットがあります。

今回はアイランドキッチンのメリットとデメリットを紹介します。

 

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンのメリットは、キッチン設備が壁などに接していないため動線が自由で利便性が高いということです。

キッチンの右側からでも左側からでも作業スペースにアクセスできるため、数人で作業をするときもお互いにぶつかる可能性が低くなります。

調理台スペースが広めに作られていることも多いので、大きくなった子どもや友人、夫婦一緒に料理を楽しみたいといった方にオススメです。

また、壁で視界がさえぎられないためリビングをすっきり見渡すことができるのも魅力です。

家族とコミュニケーションが取りやすく、リビングで遊んでいる子どもを見守りながら料理することができます。

さらに、キッチン自体のデザイン性が高く、高級感があるため、リビングとキッチンが洗練された雰囲気になり、楽しく料理に取り組めるのではないでしょうか。

 

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンのデメリットは、なんといっても手入れが面倒なことです。

洗練されておしゃれなアイランドキッチンも、手元がごちゃごちゃしていると生活感が出て台無しです。

リビングからキッチンが丸見えになので、常に整理整頓と掃除を心掛けなくてはなりません。

また、完全にオープンなので水ハネや油ハネがリビング側を汚してしまったり、調理の匂いや湯気などがリビングに流れてしまうのもデメリットです。

パワーのある換気設備を完備しなくてはならないため、設備コストが高くなってしまうでしょう。

また、アイランドキッチンの設備自体が高価であるほか、設備の周囲に広い空間を取る必要があるというのもデメリットです。

狭いリビングに大きなアイランドキッチンを置くと圧迫感が出て窮屈に感じるうえ、アイランドキッチンのメリットである「自由な動線」を活かすことがでないこともあります。

 

まとめ

アイランドキッチンがあると、家族や友人とコミュニケーションを取りながら料理を楽しむことができますが、導入コストが高い、手入れが大変、リビングにある程度のスペースが必要といったデメリットもあります。

間取りによってはアイランドキッチンを設置できないというケースもありますので、どうしてもアイランドキッチンにしたいという場合は間取りを検討する時点で希望を伝えておきましょう。

また、広い空間を取ることができず、市販のアイランドキッチンを置くことが難しいという場合は、キッチン設備をオーダーで作ったり、ペニンシュラキッチンの壁に開口部を設けたり、シンクと調理台、コンロを前後に振り分けるセパレートタイプのキッチンにすることでアイランドキッチン風に仕上げられることもあります。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら