Just another WordPress site

Q&A新築・リフォーム Q&A

トップ > Q&A > 注文住宅 > 注文住宅で必要な費用について、詳しく教えてください。

注文住宅で必要な費用について、詳しく教えてください。

注文住宅で必要な費用(本体工事費用・別途工事費用・諸費用)についてご説明します。

注文住宅で必要な費用とは

注文住宅を建てるのにかかる費用全体を「総費用」とすると、その内訳は家本体を建てるのにかかる「本体工事費用」、外構工事など、家本体以外の工事にかかる「別途工事費用」、保険、税金など、家を建てるための手続きに必要な「諸費用」の三種類に分けられます。

 

本体工事費用

本体工事費用は、家そのものを建てるためにかかる費用のことです。

 

本体工事費用の内訳


  • 測量費・地盤調査費:土地の面積や形状、地盤の強度などを測る作業にかかる費用。
  • 仮設工事:工事に必要な足場や仮設電気設置などの工事費用。
  • 基礎工事:家の根本を支える工事費用。
  • 木工事:構造材や造作材の加工・組み立てをする工事費用。
  • 設備工事:空調・お風呂・キッチン・上下水道などの工事費用。
  • 電気工事:照明配線・コンセント取り付けなどの工事費用。

 

実際に家を建てる工事にかかる費用があります。
本体工事費用は総費用の75~80%が相場と言われています。
広告などで目にする注文住宅の価格や坪単価は、この本体工事費のことを言っていることが多いため、実際に見積もってみると広告価格よりかなり高額になることもあります。

 

別途工事費用

別途工事費は、建物以外にかかる別途費用のことで、駐車場や庭などの外構工事、ガスや水道などの敷設工事など使われます。

別途工事費用は総費用の総費用の15~20%が目安ですが、ガスや水道の引き込みに手間がかかる高低差のある土地や、道路から離れている土地、地盤が弱く地盤改良が必要な土地など、家を建てる土地などの条件によって必要な金額が異なります。

例えば、地盤調査の結果、所有している土地に地盤改良が必要である場合は高額になりますが、環境の整備された住宅地を購入し、地盤改良の必要がない場合は相場より安くなることもあります。

 

諸費用

諸費用とは、各種税金や住宅ローンなどの手続き料、地震保険・火災保険などの保険料といった、住宅取得前後にかかる費用です。

本体工事費用と別途工事費用は住宅ローンで支払うことになりますが、諸費用は基本的に現金で支払わなければいけないお金になります。

諸費用の相場は、本体工事費用と別途工事費用を合わせた建築工事費の10%程度が相場と言われていますが、引っ越しや家具、家電の購入費用なども諸費用に該当するため、条件によって金額に差が出てきますので、多めに準備しておくことをおすすめします。

なお、諸費用は基本的に住宅ローンの融資対象外ですが、諸費用も融資対象としてくれる住宅ローンや、諸費用専門のローンもあります。

ただし、通常の住宅ローンと比べると金利が高いなどの不利な点が多いため、出来ることなら利用を避けたいものです。

 

 

まとめ

注文住宅で必要な費用は、工事内容や地域差はもちろん、業者によっても差がありますので、後になって大きく予算オーバーすることがないように、契約時には、事前に詳細な見積もりをもらいましょう。体工事費用・別途工事費用・諸費用の内訳を詳しく説明してくれる業者を選ぶことも重要です。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら