Just another WordPress site

Q&A新築・リフォーム Q&A

トップ > Q&A > 繰り上げ返済 > お得な住宅ローンの繰上げ返済のタイミングとは?

お得な住宅ローンの繰上げ返済のタイミングとは?

住宅ローンの繰り上げ返済をいつ行えば、お得なタイミングになるのかをご紹介します。

お得な住宅ローン繰り上げ返済のタイミングとは

住宅ローンの繰り上げ返済とは何なのか、返済していく上でお得なタイミングはいつなのかをご紹介します。

 

繰り上げ返済とは

住宅ローンは長期にわたって払いつづけなければならず、その負担額も少ないものではないため、早く完済したい、負担額を抑えたいと考えるのは当然のことです。
そんな時に利用できるのが「繰り上げ返済」というサービスです。
では、繰り上げ返済の具体的な内容についてご説明します。

 

繰り上げ返済の種類


繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。

 

  1. 期間短縮型:繰り上げ返済後も月々の負担額は変わりませんが、ローン完済までの期間が短くなります。「住宅ローンを早く終わらせたい」という人に適した方法です。

     

  2. 返済額軽減型:繰り上げ返済後のローンの残り返済期間は変わりませんが、月々の返済額が軽減されます。「月々の負担額を減らしたい」という人に適した方法です。

 

どちらも同じ「繰り上げ返済」ですが、利用した場合の効果は全く違います。目的に合った方法を選びましょう。

 

繰り上げ返済の注意点


繰り上げ返済をすることによって、完済までの期間が短くなることや月々の負担額が軽減されることは大きな魅力ですが、繰り上げ返済をするということは、その分手持ちの現金が減るということです。

住宅ローンの繰り上げ返済によって、その分生活費などが足りなくなり、住宅ローンよりも利息の高い消費者金融やカードローンを使ってしまっては、本末転倒です。

繰り上げ返済は、生活費など削って行うのではなく、余剰金で行いましょう。

 

繰り上げ返済のコツ

繰り上げ返済は「毎月・毎年少しずつ」か「数年分を一度にまとめて」のどちらが得になるのでしょうか。毎月の返済が元金と利息の返済に充てられるのに対し、繰り上げ返済を行った分は全て元金の返済に充てられます。

元金が減ると利息も減り、総返済額も少なくなるため、基本的に「繰り上げ返済は早い方がよい」といえます。

そのため、一回の額は小さくても早期からコツコツ返していく方が得になると言えます。

ただし、繰り上げ返済をするのに手数料がかかる場合は、返済の頻度が高いほど手数料がかさんでしまうため、ある程度まとめて行った方がよいでしょう。

また、繰り上げ返済によって得られる「返済期間短縮」や「負担額軽減」の効果は、繰り上げ返済額が少額だと思うような効果が得られないので注意が必要です。

 

 

まとめ

住宅ローンの繰り上げ返済と返済のタイミングについてご紹介しました。

住宅ローンの繰り上げ返済をお得に行うためには、家計に支障がでないように、余剰金で行うのがベストです。また、ある程度まとまった金額でないと効果がなく、繰り上げ返済を行うのが早ければ早いほどメリットが大きいということです。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

表示するエントリーがありません。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら