Just another WordPress site

Q&A新築・リフォーム Q&A

トップ > Q&A > 注文住宅 > 注文住宅のメリットを教えてください。

注文住宅のメリットを教えてください。

注文住宅の一番のメリットは、購入者の思っている通りの住宅を建てることができることです。 特に外観・間取り・設備などに強いこだわりを持っている方には、注文住宅がピッタリです。

住宅は、決して安い買い物ではなく人生の中でもかなり高額の買い物になります。
購入者の思い描くマイホームを実現できるのは、注文住宅です。

 

注文住宅の7つのメリットとは?

1.自由にマイホームを実現可能

既に完成している建売住宅よりも、家族や自分の将来への希望や夢を実現できるのが注文住宅です。外観・間取り・仕様・設備などほとんどのものを自由に選ぶことができます。これが注文住宅の最大の魅力です。

 

2.オリジナリティが高い

注文住宅は、外観や間取りなどを自分たちで決めることができるため、同じ住宅が建てられることはありません。フルオーダーの注文住宅では、世界に1つしかないマイホームを実現することができます。

 

3.住宅の建築現場をチェックできる

注文住宅は、建売住宅とは異なり住宅が建てられていく様子を確認することが可能です。施工業者からすると、いつ購入者の方が見学に来られるかわからないため、手抜き工事をされるリスクも軽減できます。

 

4.施工会社を選択できる

住宅を建てる際に、大手ハウスメーカーに依頼するか工務店に依頼するかも、自分で選ぶことが可能です。地域で評判の悪い会社、良い建設会社があれば、評判の良い会社に依頼したいものです。建売住宅は、自分で施工会社を選ぶことはできないため、注文住宅のメリットです。

 

5.資産価値が高い

注文住宅で、質の良い住宅を建てると資産価値が高くなります。建売住宅は、住宅の価格を安くするために、建材費なども抑えて建てられていることが多いため、建売住宅と注文住宅を比べた時には、注文住宅の方が資産としての価値は高くなることがほとんどです。あってはならないことですが、もし購入した建売住宅が欠陥住宅だった場合は、資産としての価値も下がってしまいます。
建売住宅は、注文住宅に比べ欠陥住宅になる割合が高いため、注文住宅で家を建てたほうが安心です。

 

6.家を建てる予算を調整可能

注文住宅と聞くと、予算オーバーをしてしまうという話がよくあります。住宅を建てる上で、こだわりなどを形にしようとすると予算を大きく超えてしまいます。逆に、予算を抑えて住宅を建てるにも注文住宅であれば、完成している建売住宅よりもコスト削減が可能になります。
ご自分のこだわりたいところだけに手間をかけ、そうでないところは必要最低限の設備にするなど安く抑えることができます。

 

7.家族や自分のこだわりが実現可能

注文住宅は、簡単に言うと家をオーダーメイドで建てることが可能です。そのため、建売住宅などにはなかなかない設備を導入したり、趣味に特化した住宅にすることもできます。車が好きな方が駐車場ではなく、家の中に車をインテリアとして収納可能な家にしたり、歳をとった両親のためにリビングに和室を加えたりと建売住宅に比べ理想の設計が実現できます。また、将来のことを考えお子さんが成長したときや両親や自分たちが歳をとってからリフォームしやすいように、設計する方も増えています。

 

まとめ

注文住宅は、自由度が高いためそれぞれのご家庭のライフスタイルに合った家を建てることが可能です。建売住宅では、完成している住宅のためどうしても100%満足のいく住宅を探すのは困難です。それに比べ注文住宅は、実現したいことは予算の範囲内であれば理想の住宅に仕上げることができます。何十年も住む家なので、住む人にとって居心地の良い空間にするには、住む人に合った住宅でなくてはいけません。どのような家が合っているのかお悩みの場合には、ご相談ください。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お問い合わせはこちら